TOYOKAWA・統合失調症LINEグループ[Birds]

統合失調症回復の目指すところは、寛解の先の自立だと考えます

統合失調症の目指すところは、自分の障がいを受け入れながら、自立した生活を営む方法を、本人、家族、支援者が共に考え、そして理解ある人々の支えの中、毎日を充実して生活を送れるようになる事です。
TOYOKAWA・統合失調症LINEグループ[Birds]

陰性症状。

統合失調症の陰性症状には、感情鈍麻、意欲の低下などの症状が見られます。 発症後、すぐに起こるのは、幻聴妄想、思考障害などのいわゆる”派手な”症状です。その症状が落ち着いてくると、陰性症状がやってきます。陰性症状は、何にも興味が無くな...
TOYOKAWA・統合失調症LINEグループ[Birds]

通院・服薬。

勝手に通院、服薬をやめてはいけません。 統合失調症での通院は、歯医者の通院や風邪をひいたときの通院とは訳が違います。通院をやめて、服薬をやめてしまうと、再発の危険性があります。
TOYOKAWA・統合失調症LINEグループ[Birds]

リカバリ―。

WRAP(ラップ)「元気回復運動」でリカバリーしましょう。 落ち込んだ気分の時には、自分が元気になれる方法をリストアップしましょう。例えば「気の合った友人とお喋りすると、元気になれる」とか、「美味しい物を食べると元気になれるなぁ」と...
TOYOKAWA・統合失調症LINEグループ[Birds]

希死念慮。

統合失調症患者の自殺に注意してください。 統合失調症の人の自殺のリスクは、一般の人の5~8倍と言われています。自殺予防の原則として「TALK」を覚えて下さい。Tell(伝える)、Ask(尋ねる)、Listen(聞く)、Keep sa...
TOYOKAWA・統合失調症LINEグループ[Birds]

家族に気付いてほしい認知機能障害のサイン。

家族から見た統合失調症の認知機能障害。 家族から見た統合失調症の認知機能障害のというのは、料理などの家事が出来なくなったり、複雑な作業が覚えられなかったり、優先順位が決められなかったり、周囲の動きや物音に気を取られて、落ち着きがなら...
TOYOKAWA・統合失調症LINEグループ[Birds]

幻聴が聴こえる、たとえば僕の場合。

幻聴はその人の中では、真実。 幻聴が聴こえた時、8軒隣りの家の人が、僕に何か言ってる声が聴こえるのです。聴こえる訳ないですよね。しかも僕の事を言ってるなんて。秘密警察が僕を付け狙ってるんです。んな訳ないですよね。付け狙われるほど、悪...
TOYOKAWA・統合失調症LINEグループ[Birds]

もしも地震が起こったら。

もしかして直下型大自身んが起こったら、その時統合失調症の当事者は?? メンタル疾患全般に言えると思うのですが、地震があった時に、避難所に行くと思います。恐らく近くの中学校などの体育館がその場所になると思います。その時に、声を挙げたり...
TOYOKAWA・統合失調症LINEグループ[Birds]

バウムテスト。

僕が通っているメンタルクリニックの診療には、バウムテストという診療法があります。それは一枚の紙に、実のなる木を描くというテストです。只、テストだからと言って、いい悪いがある訳ではなく、その絵を見て、精神科医の先生が僕の脳みそがどういう風に...
TOYOKAWA・統合失調症LINEグループ[Birds]

ピアサポーターとは。

ピアサポーターとは、支え合う専門職です。 ピアサポーターとは、福祉サービスの受け手であると同時に、送り手とも呼べる当事者の気持ちを理解してくれるピア(仲間)サポーターなのです。
タイトルとURLをコピーしました